• 食品産業エルム会とは北海道大学の同窓会です。

    このページでは、北海道大学の関係の事業を紹介しているページです。掲載ご希望の方は、食品産業エルム会までご連絡ください。

    〇 北大短角牛

    北大短角牛は、北海道大学札幌キャンパスから150キロ離れた新ひだか町にある北海道大学静内研究牧場は、旧宮内庁新冠御料牧場の跡地に位置しています。昭和25年、大蔵省から農林省新冠種畜牧場より林木馬役80頭および林間放牧地の所管換を受け、農学部日高実験牧場として発足しました。現在、森林330ha、草地130haを含む470haの土地に、肉用牛約150頭

    (日本短角種)、馬約100頭(北海道和種馬、乗用馬)を飼養し、国立大学の牧場としては最大の規模を持っています。北大短角牛は、この静内研究牧場で育てられた牛です。詳しくは、こちらを見てください。購入は、わっかテーブルからご購入ください。

    また、当会の2021年度10回の例会でも取り上げました。この時、テレビ局の取材を受けています。その時の内容がYOUTUBEで見れることができます。⇒ https://www.youtube.com/watch?v=gJwUefJvOyk

     

     

     

     

     

    「きたキッチン オーロラタウン店」で北海道大学フェア開催

    (4月6-12日)

    きたキッチン オーロラタウン店にて、北海道大学ブランド認定商品が期間限定で販売される事になりました。北洋銀行と北海道百科の連携企画として、道内の大学が開発に関わった食品などの商品をきたキッチンで販売するもので、その第1弾として「北海道大学フェア」を行います。北海道大学ではブランド認定商品を通じて、本学の研究内容や成果を伝えること、また売り上げの一部を研究に還元することを目的としています。⇒ https://www.mcip.hokudai.ac.jp/pub/event/event_details—id-41.html